シナリオ:信長誕生

1534年6月 信長誕生

信長誕生.jpg

シナリオ概説

本作で最も古い年代を描くシナリオ。
やはり大内家が頭一つ抜けており、次々と弱小勢力を従属させていく。
その一方で、手が付けられないほどの強大な勢力も存在しないので、多くの大名たちが天下取りを目指せる情勢でもある。
  • ただし、初期登場部将数が非常に少ないので優秀な人材の頭数がいない大名家は基本的に不利である。

鉄砲・キリスト教の伝来まで時間があり、登場する武将の顔ぶれも有名どころの1~2世代前が中心である。
  • 久しぶりに小弓公方家が登場したが、家臣が一人もいないため、難易度はかなり高い。北条の戦国伝では義明の弟と息子が名前だけ登場している...
  • そのため能登畠山や波多野のように当主が非常に優秀だとそれだけで難易度が後のシナリオより低い傾向にある。

開始直後に発生するイベント

織田家:戦国伝(大)津島衆掌握
武田家:戦国伝(大)諏訪家との和睦
長尾家:戦国伝(大)越後動乱(※大名録としては上杉家に含まれる)
北条家:戦国伝(大)山中の戦い、(武)鶴岡八幡宮再建
尼子家:戦国伝(大)石見銀山攻略戦(※アップデートにより追加)

プレイ勢力別解説

細川家

室町幕府管領を代々務める細川京兆家。この時代の細川家は家督争いが晴元の手によって終結し自身は管領に就任している。
大内家の次に所有拠点が多いが家臣が少し少ないのが傷。だが元から能力が高い久秀がいるので家宝をあげて忠誠を高めてやろう。最初から足利家などと同盟を結んでいるため二条御所は取れないが四国や六角家など二方向どちらを攻めても領土は広げられる。
幕府のため管領という立場を利用し足利家と、対立している大名の仲介に入って停戦調停をしたりするなどの管領プレイも面白いかもしれない。

一門は晴元以外に息子の昭元がいるが登場するのが遅いため、久秀かのちに元服する長慶を一門に迎え入れて家督を譲るのもあり。

北条家

圧倒的な能力を持つ氏綱・氏康親子、優秀な一門衆・家臣達に加え、ガチガチに強化されている小田原城を有する点でこの時代では新興勢力ながらも関東では優位にある。しかし城の数に対して武将の数が少ないのが難点で、近隣の大名も弱くはない。
戦国伝を進めると、一時的にせよ周りは敵だらけとなるが、更に進めると周辺勢力を弱体化させる事が可能で、名将・北条綱成も加わるので攻略はかなり楽になる。

ただし、戦国伝で攻め取った城を確保しようとすると結構大変。武田も今川も相当な動員力を持っている。そもそも迎撃部隊を出すだけの兵糧にも事欠くかもしれない。力を蓄えてから行きたいところだが、情勢の変化により戦国伝発生フラグを満たさなくなる可能性もある。のちのち肥沃な関東平野に進出できればすぐ巻き返せるので、戦国伝で取った城の内、今後のイベントに関係ない城は守らない、と割り切るのも一つの手。

北関東まで制圧したあと、更に北に進出するか、上洛を目指すかは情勢次第。上方(近畿)に肥大化しそうな勢力がいるなら上洛を急いだ方がいい。関東に加えて尾張・美濃を抑えればかなりの国力を得られる。

有馬家

プレイ記録にある「支城勢力でクリア」を満たすのにおすすめの大名。
小さいながらも三つの城を持ち、武将も六人とまずまずの戦力。大名晴純の能力もそれなりに優秀。
お隣の少弐家とは2年の同盟関係にあり、またその同盟を中心として周辺諸国との関係は良好。
そして他の支城勢力にない武器は、多数の港が所属しているおかげで収支に余裕がある事。

阿蘇家に援軍を頼めるようになったら相良家を攻略し、九州を分断するように伊東家まで取り込む。
当面の目標である島津家は、肝付家、薩州島津家の城を次々と陥落させ領土を拡げ始める。
それぞれ最後の一城だけはこちらがなんとしてでも落そう。
無事に島津家の家臣団を組み込むことが出来れば天下は遠くない。

シナリオ概説にもある通り、始めから圧倒的な力を持つ大名家がいないのでクリアまでの猶予も長め。
長尾家が多少伸びるが畿内まで進出することは稀なので、二条御所を頂いて惣無事令を布けばプレイ記録達成である。

織田家

信長の父親の信秀でプレイすることになる。家臣の数が信長時代と比べると非常に少ない。
戦国伝で自動で加入する土岐頼芸が神々しく思えるほど。
戦国伝の都合上、斉藤家と松平家が滅ぼせないので、基本伊勢方面から攻略することになる。
安祥城に攻め寄せる松平や今川を何とかすることができれば信秀時代に達成できる戦国伝を達成するころには上洛を狙える位置にいるはず。
幸か不幸か東は今川と2年間停戦を結んでいるので東は安全。
思う存分近畿を切り取って来たるべき今川との決戦に備えよう。

海野家

真田家の本家とも言える海野家。配下に真田幸隆がいる。(家紋は六文銭だが、表裏軍略は実施不可。)
支城の砥石城1つで始まるのだが、周囲には当面の敵と言えるような勢力が無く、上級者向きだが超難関ではないので支城勢力でのクリア達成の候補としてどうだろうか。
(架空姫ありの場合)真田幸隆は残念ながら一門扱いではないので、一門に迎えたい場合は老齢な海野棟綱が大名のままでは姫が生まれないので早々に隠居して海野幸義を大名にし、姫の誕生次第幸隆を一門に迎え、家督を譲ろう。

初期で同盟中の山内上杉の信用40を得て援軍を貰い、深志城を獲る。その後は武田と同盟して援軍を貰いつつ信濃統一を目指そう。攻城戦の指揮は真田幸隆で決まりだ。特性「攻め弾正」の威力を実感できる。
なお、葛尾城の村上は本城であり、すぐ隣なので早々に攻め取りたいところだが長尾と同盟することが多く、援軍が来てしまうのでなかなか攻められない。後回しにして焦らずに長尾対策を取った上でじっくり攻めよう。
その後は北条および織田あたりと同盟して武田・今川を取り込んでしまえばもう先が見える。

ところで、この早い年代のシナリオでは信濃は人口が少なく、1つ支城を獲ったくらいでは労力が増えないことも多い。高遠城を獲るくらいまで行かないと全ての城を開発するのにも事欠くだろう。労力ってこんなに大事だったんだと実感できるプレイになるだろう。

松平家

徳川家康の祖父である松平清康が当主。三河の本城岡崎城が本拠だが三河の一部を今川家に切り取られており、有能な人材もそれほど多くなく元服を待たなければいけない。
ただ清康本人は有能であり、家康の父、広忠も有能である。

初期で同盟相手は無く、織田と今川に挟まれる最悪の立地。冷静に考えて今川と戦って勝利するのはかなり難しいのでとっとと今川に臣従してしまおう。今川と織田が同盟を組むとラッキーでさっさと清州織田を平らげて織田領を分断してしまえば楽である。ただ、分断しているからといってのんきにしていると尾張の肥えた土地から大量の兵が湧いて出るため早急に滅ぼそう。あとは三河のおまけのついた織田家プレイと大して変わらない。

もしくは、今川に臣従後、信濃に兵を進めるという戦略もある。
この戦略の美味しいところは信濃の優秀な人材を得ることができ、それでいて統一勢力がいないので松平の初期戦力でもちょっと内政を行えば攻略可能という点にある。
注意点としては武田、長尾の動向に注意することか。両者と同盟(婚姻を行えればなおよし)することができれば信濃はほぼ安定する。反松平連合の結成を見据えて両者とは同盟を結んだほうがいい。
  • 実際、長尾と同盟を結ばないと、信濃に必ずと言っていいほど長尾が襲来してくる。(武田は臣従期間が終わった後今川と同盟を結びなおせば関係が関心になるため、同盟を結ぶのはたやすい)

松平家でプレイすると清康は勿論、広忠も長生きするため史実を覆すプレイができる。
後花倉今川は地雷。(たとえ滅亡させても綱成は配下にならないし、対今川家戦を見据えると花倉城は飛び地になるので戦略的にいらない)

  • 最終更新:2017-05-24 22:02:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード