シナリオ:織徳同盟

1562年2月 織徳同盟

織徳同盟.jpg

シナリオ概説

桶狭間の後に松平家康が独立し、織徳同盟(清洲同盟)が結ばれた直後を描くシナリオ。
最初から両者に無期限同盟が結ばれている。

それ以外の勢力状況はS2とさほど変化はない。
  • とはいっても畿内では教興寺の戦い目前なので岸和田の河内畠山家が岸和田に拠っており三好家も十河を失い弱体化しており、畿内は大きく情勢が動いている。
  • 織田家でイベントありにした場合のみ、婚姻同盟となる。

開始直後に発生するイベント

プレイ勢力別解説

松平家

織徳同盟のおかげで西は安全。義元を失って弱体化した今川を食って力を蓄え、やがて武田・北条を飲み込み・・・というのが普通の展開だが、織田が史実通りに畿内方面へ拡大して二条御所まで支配下にしてしまうとこちらはクリア条件を満たせないためいずれ織田との同盟を切る以外にない。
武田・北条を素早く倒せるならそれもよいだろうが、強大化した織田とガチバトルはちょっと・・・と思うならば、今川領をある程度侵食した時点で織田が斎藤と戦っているうちに伊勢湾を渡って伊勢・伊賀経由で織田家に先んじて畿内を制圧してしまうのはどうか。これならば織田家の強大化を防ぐことになり、かなり楽にクリア条件を満たせる。

鈴木家

はじめて鈴木家でプレイしたい人は、このシナリオがとっつきやすい。武将がある程度揃っており、鉄砲を2600丁も保有している。また、同盟勢力ではあるが弱小・河内畠山家が岸和田城を掌握しているので、とっとと同盟破棄して攻め落とすことで、中央への侵攻もたやすい。
教興寺の戦いのイベントやイベント会戦は起こらないのでぶっちゃけ言って河内畠山家と同盟を結ぶメリットはほとんどない。

  • 最終更新:2017-02-26 19:29:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード