シナリオ:美濃の蝮

1542年8月 美濃の蝮

美濃の蝮.jpg

シナリオ概説

斎藤道三の国盗りの直後を描くシナリオ。

一見すると大内がやばそうだが、すぐにイベントで義隆が意欲を失う(AIが勢力拡大しなくなる)ので実は大した事は無い。同様にAI細川も拡大しない模様。
もちろん選んだ勢力によるが、強大な勢力が存在しないため比較的簡単なシナリオといえるだろう。

  • 東北は天文の乱で真っ二つに割れている。連合は組まれていない。
  • 松平家は人材豊富だが今川家に従属しており、城も岡崎ひとつしかない。数年たつとイベントで今川家に吸収されるが、その前に織田家に滅ぼされる事もあり、どちらが松平を取るかによって情勢はかなり変わる。
  • 本作では長尾為景の没年がこれまでより遅い1543年に設定されているため、まだ隠居として健在なので注意。ただし長尾家でプレイする場合は冒頭のイベントで一足早く没する。(代わりに景虎が登場)
  • 武田家と諏訪家、長尾家と上田長尾家の婚姻同盟が破棄されるイベントは他家では発生しない。そのため、武田家が引き篭もりっぱなしという事も。

開始直後に発生するイベント

  • 織田家:戦国伝(大)「美濃侵攻」。
  • 武田家:戦国伝(大)「諏訪侵攻」。
  • 長尾家:戦国伝(大)「為景の死」。
  • 毛利家:戦国伝(大)「月山富田城の戦い」。
  • 北条家:戦国伝(大)「河越夜戦」。

プレイ勢力別解説

長尾家

大名録「為景の死」は、景虎と黒田隊が接触すれば即終了する。
  • ただ栃尾城の安田君でも黒田をデフォルトで倒すことができるため、黒田が死ななくても戦国伝は達成できる。
「景虎立つ」は「家中統一」の内容も含んでおり、これをクリアすると次は「義戦」が始まる。
なお、途中のイベントで越後上杉家が吸収される。

このシナリオで義戦が始まった場合、S1とはやや状況が異なってくる。
  • 椎名家が吸収されない
  • 山内上杉家の憲政以外の家臣は、長野家臣として箕輪城所属になる
  • 箕輪以外の山内上杉・村上の旧領は、信濃は武田領に、上野は北条領になる

そして最大のポイントは長尾家と長野家に同盟関係が存在しない事。
しかも真田一族も武田家ではなく長野家におり、これを吸収すればその後の北条征伐が一気に楽になる。
というか、関東に進軍する為には倒さざるを得ない。義とは一体…とか気にしてはいけない。

  • PKDL1(軍神、降臨す)では既に長野家と同盟済な上、真田幸隆も武田所属になっている

もちろん対北条戦を見据えての、武田との同盟工作は忘れずに。
晴景に姫ができれば婚姻関係を結んでもいい。どうせ北条征伐終了後自動的に解消される。

川中島の合戦は甘粕景持を登用すれば発生する。その間は適当に東北や北陸を攻め落としたり、領内を開発したり、官位を集めたりと景持が元服する1550年までまったり過ごそう。
川中島が終われば後は上洛するだけなので川中島の戦い前に武田や北条を間違って滅ぼさない限り、全体的に戦国伝をクリアするのは無印よりも簡単である。

足利家

武力に秀でた家臣に乏しいが、二条御所と征夷大将軍の地位による旨みは魅力的。
まずは外交の優位を活かして細川家及び六角家と同盟を結び、筒井城攻略を目指すのが序盤の目的。兵力を補う為に近隣の国人衆の掌握も重要。

筒井城攻略後は波多野を狙い、その次に播磨の別所や若狭武田家等の弱小勢力を狙って人材の頭数を揃えておき、六角を併呑できる体制にしておきたい。

筒井家は筒井順昭、波多野家は波多野稙通と能力の高い武将がいるので手強いが、同盟や国人衆を駆使しつつ撃破して配下に加えれば心強い。

斎藤家

シナリオタイトルからして道三が主役のシナリオかと思いきや、道三関連の戦国伝は存在せず、美濃乗っ取りイベントは他家プレイでしか発生しないという扱いの低い斎藤家。
しかし、道三はじめ義龍・帰蝶などは能力が高く、開始翌年には明智光秀も仕官してくるので人材的には恵まれている。
開始後すぐに(戦)「民の声」が発生するが、政策「目安箱」を実施すれば程なく達成できる。
拡大の方針としては、近隣に比較的手強い織田信秀がいるので、これと同盟して近江方面へ進出・・・というのも一つの手だろうが、織田がこれ以上力をつけないうちに戦った方が利が大きい。
初手で清州織田の犬山城・清州城を攻めても織田信秀は援軍に出てこないようなので、さっさと清州織田を滅ぼして兵力を増やした上で信秀と戦おう。なお、信長の元服は1546年なのでその前に攻め切ってしまった方が与しやすいだろう。信長は必要忠誠が高いので史実通り(とはちょっと違うが)帰蝶の婿に迎えると忠誠も安心な上に気分が出て良いだろう。出来ればこの時点で松平も今川に吸収されるイベントの前に倒しておけば今川の拡大を防げる。
その後は畿内方面へ進出すれば、(戦)「管領を名乗れ」が発生するのでこれを狙っていくのがセオリーだろうが、美濃と尾張の国力をもってすればどの方面へ進出しても大丈夫だ。
とにかく早期に織田さえ倒せば何の問題も無いだろう。

北条家

相変わらず領国に比して人材難は甚だしい。しかし。

開始直後に「河越夜戦」発生。これは交戦すれば勝ちになる簡単なイベント。
その後「(大)受け継がれしもの」が発生。これも(中級なら)初期戦力で簡単にクリアできる。すると山内上杉家が滅亡し関東の過半を勢力圏とし、家臣も全て北条家に鞍替えする。人材難は一気に解消だ。

その後は、戦国伝の発生条件を満たしがたい部分もあるが、関東の小勢力を喰っていけば武将も増え、取り敢えず安泰。難易度は低いと言えるだろう。

あまり北の方に時間をかけすぎて、近畿を有力な勢力に抑えられないようにだけ気を付けよう。また、今川が膨張し尾張を占有してしまう展開になるとやや厄介になる。戦国伝が終わったら今川との対決も視野に入れてみよう。

毛利家

毛利家の大名録を埋める場合、全て達成可能なこのシナリオが最適となる。

戦国伝を進めていく場合のポイントとして開始直後の「月山富田城の戦い」は達成自体は楽であるが、元就の部隊が壊滅する結果となる為、兵力は必要最小限に留めておきたい。次の「毛利両川」の戦国伝も難しくはないが、時間はかかる為その間に比熊山城と翁山城を落として尼子家を弱体化させておきたい。

「厳島の戦い」は宮尾城があっさりと落城する事のないよう、宮尾城の北にあらかじめ元就らの部隊を配置しておけばよい。「防長経略」は尼子や大友らと手を組んでおけば優位に進める事ができ、最後の「尼子氏との戦い」はここまで戦国伝を進めていれば戦力も充実している筈なので達成は難しくはない。

注意しておく点として武将録「隆元の天命」の達成で有能な隆元が死亡してしまう為、武将録の達成にこだわらず人材に不安があるならば破棄しても良い。また九州方面では島津や大友の強大化がある為、いち早く九州進出を果たして地盤を築き上げて九州を掌握しておきたいが、九州進出が厳しい状況ならば下関海峡で迎撃しつつ早めの畿内進出が必要となる。

また大名録を進めると全体的に金銭・労力が厳しくなる場面も出てくる。特に吉川・小早川を併合するまで顕著。
その何が問題かというと、常に吉田郡山の開発をすすめる点と、拡張に必要な労力8・金銭3000を期限までに捻出できるかどうか、という点。
特にいやらしいのが期限が8月に設定されている点で、兵糧の収入を待つことなく失敗してしまうため、うかつに兵糧を売りすぎたりすると取り返しがつかなくなる。
矛盾するようだが、それでも兵糧を売りさばいて早い段階で二の丸を拡張させておき、夫役強化を採用しておくとかなり早まるだろう。
また元就や隆景に開発させていても場合によっては5-6月までかかることもあるので、拡張できるようになったら最速で拡張させたい。
その後も厳島の戦いで労力12・金銭8000を投じて宮尾城を築城することになるため、特に金の流通には気を配っておきたい。

  • 最終更新:2017-05-24 22:06:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード