シナリオ:軍神、降臨す

1548年12月 軍神、降臨す

軍神降臨す.jpg

シナリオ概説

長尾景虎が当主に就任した直後を描くシナリオ。
また、織田家では信長が元服している。

  • 長尾家以外でプレイすると、意外にも長尾家が伸びない。 原因は東の越後上杉家との無期限同盟&南の上田長尾家との婚姻同盟のために侵攻先が限定されてしまう為。気が付いたら武田家に押されて越中に降臨していたりする。
  • 東北は天文の乱が終結したが、その影響により同盟関係が完全に崩壊している。この為、他シナリオに比べて伊達家や南部家が伸びるスピードが速い。
  • 大抵の作品では管領細川家と三好家がそっくり入れ替わるパターンが多いが、このシナリオでは細川家がまだ生き残っており、両者併存している。
  • このシナリオに限らず、三好は政権獲得後あまり勢力拡大しなかった史実を反映してか、自分からは動かない。そのため、いつまでも細川が滅びないということが多々ある。

開始直後に発生するイベント

プレイ勢力別解説

長尾家

家督を継いだ直後の若き景虎を筆頭に柿崎景家や宇佐美定満など優秀な人材を抱えており、シナリオタイトル通り本シナリオの主役となる勢力でイベントも充実している。戦国伝は「家中統一」から始まり、開始程なくして上杉定実が死去するイベントにて発生する。

当シナリオでは最初から長野家と同盟を結んでいるが、関東進出を容易とする為に早い段階で倒し、優秀な業正や上泉信綱を配下としておきたい。

戦国伝を進める前提の攻略の場合、最大の障壁となるのは「北条征伐」における対北条戦。唐沢山城防衛に成功すれば佐竹や宇都宮ら関東諸侯が同盟を求めてくるので、それを利用して早い段階で一気に畳み掛けたい所であるが、一番は武田と同盟を結んでおく事でこれにより攻略は楽になる。ただし、「北条征伐」クリア→「川中島の戦い」発生によって同盟は解消されるので注意。

「川中島の戦い」達成後の戦国伝「上洛」で北陸ルートを使い、一気に畿内まで進出する事になるだろうが、武田と同盟を結び直せば容易となる。固有政策の「遠征軍支援」は早い段階から行っておきたい。

  • 最終更新:2016-03-15 00:02:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード