プレイレポート/西上作戦(S3寿命史実)

S3信長包囲網/武田家/中級/戦国伝(西上作戦)達成

信玄の寿命が残り少ないため、達成困難な戦国伝です。めちゃくちゃ邪道なやり方ですが、2年ほどで達成可能です。

設定

  • 寿命史実
  • 登録武将登場なし
  • 難易度 中級
  • 会戦禁止

状況判断

武田家は、広大な版図を支えるにはかなり深刻な状況です。

  • 信玄の寿命はあと3年(1573年 5月)
  • 度重なる戦闘や内紛で家中は人材難(とりわけ、良い戦法を持つ武将がいない)

この条件で、織田家と徳川家を相手に戦い、信玄の寿命までに上洛するのは不可能でしょう。会戦で有利になる戦法(臨戦や射撃強化系)を持つ武将もいないので、会戦キャンセルを多用しても絶望的です。

足利家に目を向けると、包囲網を作ったつもりが、裏から見ると外交的孤立を招いています。

  • 周囲を固めるほぼ全ての大名と同盟中
  • これらの大名家と武田家も同盟中
  • もしここにいきなり武田家が攻め込んだら、誰も助けに来れない
  • 武田家と足利家の間の障害は、織田家のみ

攻略の概要

西上作戦の条件は次の3つです。

1. 武田信玄が浜松に入らず三方ヶ原に入る
2. 家康が三方ヶ原へ出撃、恐怖のあまりうんこを漏らす
3. 二条御所を支配下に置く

条件3の達成に順序は問われないので、織田家を外交でどうにかして先に上洛を果たし、その後で徳川家と戦うことにすれば、信玄の寿命が尽きる前に戦国伝達成が可能です。

準備

織田家から援軍が呼べるようになるまでの間、内政に励みます。上洛する際、本隊は躑躅ヶ崎館−上原城−木曽福島城−苗木城−織田領内−二条城と進むので、その進軍ルートを重点的に整備します。国人衆も取込んで、できるだけ兵数を増やします。

1570年6月
  • 信長に黒雲(名馬)を贈与、工作開始
  • 真田幸隆・昌幸を高遠城へ移動

1570年8月
  • 武田晶(姫武将、架空、釣瓶撃ち)加入

1570年10月
  • 政策: 甲州法度次第、騎馬隊強化、所領安堵、兵役強化を施行
    • お金がないので、所領安堵と兵役強化は部隊出撃後に取りやめます

上洛

上洛の目的は、二条御所の奪取と家臣団の増強です。上洛部隊を送り出した後は、部隊が帰還するための道を整備したり、三方ヶ原の戦いへ部隊を送り出すための道を整備します。二条御所攻略は、織田家の援軍は期待できませんが(織田−足利は停戦中)、周辺の大名からも援軍は来ないので、楽勝です。

1570年11月
  • 躑躅ヶ崎館から6,400(武田信玄、武田晶、大久保長安)出陣(以下、信玄隊)
  • 高遠城から3,300(真田昌幸、武田勝頼、真田幸隆)出陣(以下、真田隊)
  • 織田家に飯田城防衛を依頼

1570年1〜3月
  • 真田隊、堅田に着陣
  • 信玄隊、瀬田で上泉信綱隊(足利家、槙島城所属)と交戦
  • 信玄隊、大津に着陣。信玄隊、真田隊ともに二条御所へ進軍開始

1570年4〜5月
  • 二条御所包囲開始
  • 二条御所陥落

上洛の仕置き

足利家を滅ぼして、家臣を増やします。捕虜を早く家臣化したいので、捕虜は兵数の少ない真田隊で捕らえ、二条城に入城させることにします。一方、信玄隊の兵はなるべく温存したいので、時間はかかりますが部隊を帰城させます。

1570年5〜6月
  • 槙島城包囲開始
- 槙島城包囲成立時点で、信玄隊は帰城開始
  • 槙島城陥落、足利家滅亡(朝宮城は織田家にとられた)
  • 真田隊は二条城へ入城、捕虜を登用して人材不足解消

1570年7月
  • 織田家と同盟(24ヶ月)成立
  • 二条御所の人事
    • 真田昌幸、武田勝頼、真田幸隆は高遠城に移動
    • 松井泰之と上泉信綱を躑躅ヶ崎館へ移動
    • 南光坊天海を駿府館へ移動

徳川侵攻

西上作戦の残りの条件を成立させるため、徳川と戦います。史実通りの長篠ルートは山間部で身動きが取りづらく、街道の太さから野戦に参加できる部隊も減ってしまうので、東海道ルートを採用します。徳川領内から援軍が押し寄せてくる掛川城攻防戦がハイライトになります。

1571年9月
  • 高遠城から兵3,000(真田昌幸、武田勝頼、真田幸隆)で出陣
  • 信玄隊帰城、すぐに兵5,000(信玄、松井泰之と上泉信綱)で出陣

1571年10〜11月
  • 信玄隊、小山城に着陣
  • 真田隊、駿府城に着陣
  • 駿府館から兵5,600(山県昌景、葛山氏元、南光坊天海)で出陣(以下、山県隊)
  • 小山城から兵1,500(岡部元信、大熊朝秀)で出陣(以下、岡部隊)
  • 諏訪原で酒井忠次、大久保忠世隊と交戦
  • 掛川城をめぐって、徳川勢と交戦
    • 信玄隊、山県隊は諏訪原から、真田隊、岡部隊が加茂から攻めて、挟撃する

1571年12月
  • 掛川城陥落
  • 真田隊、見付に移動(浜松城から出てくる部隊を釘付けにして、三方ヶ原を空けるため)
  • 信玄隊は二俣を経由して三方ヶ原に着陣

1572年1月
  • 家康隊が出撃、信玄隊に接触して壊滅、戦国伝のすべての条件を満たす

コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-02-28 14:06:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード