小笠原P発言まとめ

■小笠原Pツイート・発言まとめ(ゲームプレイに関係した項目のみ)
2
17:ちょっと書き込みの間があいてしまいました。申し訳ございません。
3
今回は合戦についてしたいと思います。
1 4
5
その前にまず、以前ご紹介、最終的に製品で実装した内容に差異が生じた部分がありますので、それをご説明します。
6
(>
以前ご紹介した際は、敵部隊との状況に応じて自動で切り替わり、手動での変更も可能とご説明しておりましたが、手動での変更は採用しないことにしました。
8
技術的にハードルがあった訳ではないのですが、制作を進めていく過程で、多面展開を特徴とする本作においては、必要性が薄いということから整理対象となりました。
9
ミクロ操作で戦況を覆すタイプのゲーム性ではないので、現在の形がベターであると認識していますが、発売後に対応の要望が多いようでしたら、また改めて検討します。
10
さて、合戦の詳細についてですが、仕様・ルールが多岐にわたるので、今回は箇条書きのかたちで記載させて頂きます。
11
12
【戦略面】
13
-兵数は出陣元の付けられており、他の拠点に融通することはできない
14
-落とした直後の拠点には一定の兵数が補充される
15
-戦闘により消耗するは、戦死ではなく離脱・逃散の設定であり、時間と共に各拠点で自動的に回復する
16
-減少した兵数は、民忠、施設、国人衆の特能等によって変動する
17
【編成面】
18
-ひとつの部隊にる武将は1人まで
19
-部隊の強さ(攻撃・防御・包囲力)は基本的に大将の能力値となる
20
-副将の武勇を乗じた値が、
21
 大将の武勇、知略値を超えた場合は、その値が部隊の能力値となる
22
-出陣時の部隊兵数は、拠点兵数の25%、50%、75%、最大からの選択となる
23
-出陣の際、必ず城に兵100を残す必要がある(「最大」に設定しても自動で100残る)
24
-勢力が出陣する部隊兵数の20%を超える「軍馬」と「鉄砲」を所有している場合、これらを配備した部隊の編成が可能となる
25
-「軍馬」「鉄砲」を装備した部隊は、戦闘時に一定確率で追加ダメージを与える
26
-上記のダメージについては、部隊を率いる大将・副将の「特性」によって変化する
27
-勢力が十分な兵糧を所有している場合、部隊は120日分の腰兵糧を所持して出陣する
28
【行軍面】
29
-行軍は街道の統率が高いほど兵数の影響が大きくなる
30
-行軍中に消費した兵糧は、自軍、同盟国、従属国の城に隣接することで20日分まで補充される
31
-敵部隊が布陣する「要所」には進入が不可能(街道上で戦うことになる)
32
-街道上では複数部隊が並んで(重なって)移動することはできない(味方部隊のすれ違いは可能)
33
-一つの「要所」に布陣できる部隊数は3部隊が上限となる
34
-街道上で敵部隊に攻撃を行う場合、攻撃に参加出来る部隊数は、街道の整備度に応じて上限が設定される(1~3部隊)
35
36
色々書きすぎた気もするので、とりあえずここまでで区切ります。
37
文字で見ると複雑そうに感じるかもしれませんが、大半はゲーム内の表示でご理解頂けると思います。
38
戦闘面や会戦面については、また別にご紹介します。
39
40
前回に引き続き、合戦に関連する仕様・ルールをご紹介します。今回も箇条書きのかたちとなりますがご容赦ください。
41
【戦闘】
42
-戦闘は敵味方の部隊が衝突したポイントが戦場となって発生する
43
-既発の戦場に隊が合流すると、その戦場に参加する形となる
44
-戦場では一定間隔ごとにダメージが計算され、戦場に参加している部隊に振り分けられる
45
-戦場での部隊の強さは、その戦場に参加しているもっとも優秀な武将によって決まる
46
(弱い武将の率いる部隊でも、強い武将の存在する戦場に参加できればデメリットを打ち消せる)
47
-戦場に参加可能な部隊の数は街道の整備度に応じて決まる
48
-戦場での優劣を決める要素は、能力の他に部隊の形態、挟撃の有無、設営(陣)の有無、特性の発動など
49
【包囲】
50
-包囲は部隊が敵の拠点に取り付くと自動で開始される
51
-包囲が始まると拠点の上に士気ゲージが表示され、徐々に減っていき、これが0になると拠点は陥落する
52
-包囲が成立する条件は包囲側の兵数が拠点の耐久を上回っていること
53
-拠点の耐久は各城に設定されている
54
(条件を満たさない場合、包囲不完全となって拠点の士気ゲージは変動しない)
55
-包囲が成立すると、拠点から部隊が出陣できなくなる
56
-包囲をして一定数以上の部隊を接近させる必要がある
58
-包囲されている拠点の武将は勝ち目がないと判断すると自主的に降伏開城する場合がある
59
(降伏を防ぐためには後詰を送る必要がある)
60
-包囲中の部隊が実行できるコマンドには「強攻」「焼討」が存在する
61
-「強攻」は力攻めを行い拠点の耐久を減らすコマンドで、「強攻」中は反撃によるダメージを受ける
62
-「強攻」は包囲不完全の時や、素早く陥落させたい場合の選択肢という位置付け
63
-耐久が0になった後は拠点の兵が減少しはじめる。兵が0になった場合も拠点は陥落する
64
-「焼討」は内政値と民忠にダメージを与えながら腰兵糧を回復するコマンド
65
【会戦】
66
-会戦に参加可能な武将は敵味方それぞれ最大9名まで。兵数は戦場に参加している部隊全ての合計となる
67
-会戦中も緩やかだが時間は経過する
68
-会戦中に相手に与えた被害は、会戦から抜けるとそのままダイレクトに反映される
69
-会戦中に実行できるコマンドは部隊の移動、陣形の変更、突撃と斉射、それと武将ごとの戦法
70
-陣の変更、突撃、斉射、戦法などは「采配」というポイントを消費する
71
-「采配」は時間経過に応じて溜まって行く
72
-挟撃が成立している場合、開始直後に大きく采配のアドバンテージを得ることがある
73
-突撃は騎馬隊の突撃によって相手に大きめのダメージを与えるコマンド
74
-斉射は飛び道具によって離れた位置から相手にダメージを与えるコマンド
75
-斉射を行うと、まれに相手を混乱状態にして一方的に攻撃できる
76
-会戦では位置取りを工夫しつつ、これらのコマンドを駆使して相手に効率よく被害を与えていくこととなる
77
-会戦中には天候の要素があり、コマンドの消費采配やダメージ量などに影響を与える
78
以上、合戦詳細続きでした。
79
80

  • 最終更新:2014-07-17 00:12:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード