エンディング

プレイヤーが30以上の国を保持する最大勢力になると、政策タブから「総無事令」を選択できるようになる。
総無事令を選択した状態で評定を終了するとエンディングが流れる。
国の保持とはその国の本城を持っていることのみを言い、支城をいくら持っても計算しない。
ゲーム上では国は76あり、半分に届かないぐらいでも最大勢力であればクリア条件を満たす。

今作のクリア条件は5つ。

1.彼方の地平へ - 織田(弾正忠)家を信長が当主の状態でクリア。
2.完全統一 - 全ての拠点(本城・支城)を支配してクリア。
3.新国家創造 - 勢力の主義が「創造」の状態で惣無事令を実施。織田(弾正忠)家かつ信長が当主ではない状態でクリア。
4.新幕府開闢 - 勢力の主義が「中道」の状態で惣無事令を実施。
5.古制回帰 - 勢力の主義が「保守」の状態で惣無事令を実施。

以前のように連立同盟エンドなどは無い。

信長でのクリア時は条件を問わず「彼方の地平へ」。
但しクリア直前のデータから「隠居」して改めてクリアすれば、同じセーブデータからでも他のエンディングを達成することは可能。
逆に、織田(弾正忠)家以外でゲームを開始して信長を登用し後継当主にしてクリアした場合には、「彼方」エンドを見ることは出来ず通常エンドとなる。

プレイ記録の項目の一つである全エンディング達成を目指す場合、信長でプレイすれば「彼方」「完全」は一度に出来る。
また、「保守」の一族武将に隠居し、かつ「創造」「中道」武将を全員「追放」すれば、程なく「新幕府」も達成可能。
更に「古制回帰」も、となると「本山」の大量建設も必要となる。とはいえ、一からクリアしなおすよりは流石に早いので、摂津源氏の祖、源頼光をすぐに使いたい、という場合は有効だろう。
「新国家」 は織田信長プレイでは不可能であるため、例えば信忠に家督を譲ってから総無事令を出す必要がある。

因みに、本作のエンディングは「彼方」に特別なムービーが用意されている一方、他四つはごく短い会話があるだけである。
各々の(大)戦国伝最終章クリア時のイベントはそれまでの労苦を称えあう会話となっているので、ある意味ではそれが各大名家のエンディングといえない事もない。

  • 最終更新:2019-01-11 21:27:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード