シナリオ:独眼竜、起つ


1584年10月 独眼竜、起つ

独眼竜起つPK.jpg

シナリオ概説

  • 無印版においては最も後の年代からスタートするシナリオ。小牧長久手、沖田畷の戦いが終わった状況である。だが何故か津川義冬や龍造寺四天王が生きていたりする……。一門が一人もいない上に寿命が迫る河野・姉小路の難易度は最早説明するまでもないだろう。(※PK版では義冬は死亡状態となった。が、四天王は5人とも健在である)
  • 史実シナリオでは唯一、佐々家が登場。
  • 安土城と大坂城が同時に最初から登場する唯一のシナリオ。(これ以後の年代の南近江は八幡山城になる)

  • 小牧・長久手の戦いでの豊臣側・徳川側だった勢力でそれぞれ36ヶ月の同盟関係が結ばれている。
  • 羽柴家は同盟期間の関係上、ほぼ確実に長宗我部→毛利→島津の順に制圧して順調に巨大化する。
  • 徳川と北条は婚姻同盟済のため、共に背後を気にせず攻めてくる。ただし婚姻している氏直は1591年に病死する。

開始直後に発生するイベント

  • 伊達家:戦国伝(大)「人取橋の戦い」。
  • 徳川家:戦国伝(大)「上田合戦」。
  • 真田家:戦国伝(大)「第一次上田合戦」。

プレイ勢力別解説

伊達家

北条を中心とした関東連合が解消されるまでは(36~42ヶ月)関東侵攻は厳しい。普通に戦国伝を進めていった方が楽だろう。
なお本拠は米沢より猪苗代の方が良いようだ。

「人取橋の戦い」からの一連の戦国伝ではかなりの大兵力を相手にすることになるが、鉄砲を配備しておき伊達政宗の「伊達者」などで乗り切ろう。
「大崎・郡山合戦」では最上が攻め込んでくるが、伊達政宗隊と最上義光隊が戦闘に入るとイベントが発生し、5年もの間停戦となってしまう。かなりのタイムロスになるためできれば避けたい。

最上との戦争中は北条と適切な期間の同盟を結んでおくと安心だ。この間に北条の様子をよく観察し、可能なら最上打倒後、北関東の小勢力を併呑しただちに北条に攻めかかるべし(上杉に援軍を出させれば敵兵を分散させられるので楽)。豊臣が肥大化する前に尾張まで攻め込みたい。徳川と北条は婚姻関係にあるので、事前に徳川と同盟を結んでおく事。
東北の小勢力は支城の兵でゆっくり併呑していけばよい。直轄範囲外かつ中央から遠いので、あまり急ぐ必要はない。
ただちに北条と戦えない場合は、東北を統一してから決戦を挑むよりない。

関東併呑後は上杉と徳川に注視。彼らが豊臣に対抗出来る戦力を持っていないなら、攻め滅ぼして国と武将を頂いてしまうよりない。
だが十分な戦力を持っている場合は同盟または連合を組み、彼らを矢面に立たせて豊臣兵を削りつつ、おいしいところをかっさらっていこう。



コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2020-07-07 02:56:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード