中級者向け(PK)

このページを編集される方へ
  • 大名は五十音順。
  • 登場シナリオを表示し、大名録、固有政策、固有ENDがあれば明記してください。
  • 解説は簡潔明瞭を心がけ、具体的な攻略は「プレイレポート」もしくは「各シナリオ詳細」を編集してください。
  • シナリオごとに難易度が変わる大名家は該当ページに分けてください。
  • 編集合戦を防ぐため、既存の記述を修正する際は、明らかに誤っている場合以外、コメント欄に一言残すようにしましょう。
  • 追加シナリオの略記はメニュー表記に合わせてEXからDLへと変更しました。転載する際に気をつけてください。

〔シナリオ 早見表〕
略称 開始年月 シナリオ名 備考
S1 1551年4月 家督相続  
S2 1560年4月 桶狭間の戦い  
S3 1570年6月 信長包囲網  
S4 1582年1月 夢幻の如く  
S5 1582年7月 清須会議 映画「清須会議」とのコラボ
S6 1615年7月 群雄集結 ゲームクリア後、プレイ記録を閲覧すると追加
DL1 1567年8月 天下布武 win&PS3版初回封入特典、もしくは有料配信
DL2 1575年2月 長篠の戦い win版初回封入特典、もしくは有料配信
DL3 1582年6月 天王山 PS3版初回封入特典、もしくは有料配信
DL4 1615年8月 天下三十将 2013年12月19日より無料DLC
DL5 1555年10月 厳島の戦い PS4™版発売記念で2014年3月31日まで無料DLC
DL6 1577年9月 手取川の戦い PS4™版発売記念で2014年3月31日まで無料DLC
DL7 1572年11月 信玄上洛 有料配信
DL8 1584年10月 独眼竜、起つ 有料配信
PKS1 1534年6月 信長誕生  
PKS2 1542年8月 美濃の蝮  
PKS3 1586年11月 九州征伐  
PKS4 1600年6月 関ヶ原の戦い  
PKDL1 1548年12月 軍神、降臨す win版初回封入特典、もしくは有料配信
PKDL2 1562年2月 織徳同盟 PS3・PS4版初回封入特典、もしくは有料配信
PKDL3 1565年9月 井伊に咲く花 NintendoSwitch限定シナリオ



石田家 PKS4 ※戦国伝&イベント合戦

大名として天下を取れるかよりも、関ヶ原イベント合戦(上級)で無事で西軍を勝利に導けるかが脱初心者の大きな壁である。
ちなみにこのイベント会戦は何も考えずにやるとまず勝てない。
第一の壁は、家康以外の部隊をこちらの退却無しに全て駆逐しなくてはならない事だ。
一人でも退却すれば、金吾中将が裏切り一気に劣勢になる。
そこをクリア出来たとしても、3万のラスボス家康が最強スキル蜻蛉切を持つ本多忠勝を副将に従え控えている。
囲んで射撃しているだけだと蜻蛉切の餌食になり一瞬で西軍が溶けていく。

この戦いで西軍を勝利に導けるなら貴方なら、これからどんな弱小大名でプレーしても、
会戦モードを駆使することで、損害少なく進めていく事が出来るだろう。

ちなみに実際のゲームの難易度だが左近や勝永、前野忠康など優秀な武官を多数擁しているのでゲームの攻略自体は非常に楽である。
さっさと畿内付近の東軍をつぶして徳川の決戦に挑みたい。どうせ中国以西は完全に味方が制圧してくれるので後ろの心配をしなくていいので、連合解散までに三河、尾張を抑えておきたい。

独自政策は九箇条掟書。獲得経験値が減るものの領民兵と収入が増える。
メリットが非常に大きいので序盤に採用しても構わない。

有馬家 PKS1

支城3つと武将6人の小規模勢力であるが、港湾収入が大きい日之江城を押さえている上、大名や家臣団の能力もまずまず。
PKS1であれば島津も大友もまだ小さく、龍造寺も少弐の一家臣と周辺も発展途上なので外交と内政をおろそかにしなければ九州統一まではそこまで苦労しないだろう。
初手で支城一つ武将一人の松浦を倒し、内政を充実させて少弐との同盟が終わったら大友と同盟して少弐領を会戦を駆使して切り取っていく。
その後阿蘇や秋月などの弱小勢力を併呑後に島津を倒し、最後に大友を討つ。
ただし九州大名の宿命か、ここから先には四国は長宗我部、中国地方は尼子(もしくは毛利)がほぼ統一した状態で待っているだろう。
どちらかと同盟してどちらかを滅亡させれば、国力も武将もクリアは近い。

ちなみに、後の勢力になればなるほど状況は悪化する。
PKS2では既に龍造寺が下剋上を果たしており、島津や大友も大きくなっているので何とか龍造寺を倒せてもその先が厳しくなっている。
その後のシナリオではさらなる2強の勢力拡大に加えて、晴純が死去し無能な義貞が大名となっている。
人材の格差も大きくなっており、☆4~☆5クラスの難易度になっている。

畠山家(能登) PK1、2

PK1、2では畠山義総が大名を勤めている。
彼はこの時代ではかなりの高能力値なので寿命を迎える前に積極攻勢をかければ、難易度はそれほど難しくない。
神保・三木を会戦を駆使して吸収し、美濃に進出できれば武将の質・量ともに充実する。
上杉と同盟を結ぶのは忘れずに。
それ以降になると義総が死んで大幅に弱体化。
後を継いだ義続を筆頭に皆能力値が微妙という苦しい立ち位置。
これでどうやって上杉の猛攻をかわすかが生き残りの鍵となる。

毛利家 PK1

後の中国地方の覇者毛利家もこのシナリオでは本城1、支城1の小勢力。
さらに東を大内、西を尼子という全国トップクラスの二大勢力に挟まれており、かなり苦しい状況に見える。
しかし武将の数では両勢力に負けておらず、また元就がいるため上手く立ち回れば下剋上を成し遂げることは難しくない。
ポイントは初手の外交。初期状態では大内に従属しているが、位置関係の問題で尼子からの攻撃に対して大内に援軍を要請する事が出来ない。
ここは思い切ってさっさと大内とは手を切ってしまい、尼子につこう。大内との従属破棄後の外交は時間との勝負になるが、一度尼子の援軍が得られるようになれば早期に滅ぼされる事は無くなるだろう。
後は周囲の吉川や小早川を吸収しつつ、大内と尼子の争いに乗じて中国地方の本城を奪う機会を粘り強く待とう。
大内を滅ぼす頃には息子達も何人か元服し始めているはずだ。その後は尼子に西を守られたまま九州で大友・島津と死闘を繰り広げるも良し、尼子と手を切って中国地方の統一を目指すも良し、である。

なお史実に併せた勢力拡大を行っているととてもCPU勢力の伸長に対抗できないため、このシナリオの毛利家による戦国伝の達成はかなり困難。素直に三兄弟が元服しているシナリオで始めた方がいいだろう。

独自政策は「傘連判状」。労力低下のデメリットを無視してこの政策を使える段階までくれば、すでに勢力としての大きな山場は去っているだろう。

長宗我部家 PK1

登場シナリオ …S1~S6 (DL1~DL8)
大名録、固有政策あり

今回の四国は発展性に非常に乏しく、人口増加量・内政値共にすぐに頭打ちになる。新規築城候補もロクな候補地がなく、武将数も不足しており、安穏と四国に留まっていると大友島津・大内毛利・畿内勢力に取り囲まれて早晩詰む。

一方で初期人口は思ったよりは多く、土佐はおろか四国内は基本弱小国だらけ。固有政策を駆使すれば勢力拡大は容易。加えて瀬戸内海は移動しやすく、(自操作なら)守りやすい構造をしているので、四国統一後なら臨機応変に外交を駆使し、侵攻先を変えていけるというメリットもある。
九州に侵攻して優秀な武将を家臣にするか、中国に侵攻して兵糧を手に入れるか、畿内に侵攻して資金を手に入れるか、ここからはプレイヤーの腕の見せ所。ゲームに慣れ、勢力拡大に必要な手順をテキパキこなせる知識が付いてくると面白みのある勢力である。

統一前の壁である三好(細川)家は強敵であるが、山地を挟んで対峙しているので、超級でもなければ無理に頭を下げる必要はない。ルーチン的にもあまり外征をしてこないので、土下座して臣従したとしても西土佐~伊予と順次攻略した後に挑めばオーケー。
四国から叩き出した後畿内まで追い詰めるか否かは状況次第。備中・播磨に上陸予定なら毛利あたりと組んでおいて、再決戦を挑んでもよい。

大名録は元親成人以後のものばかりなので、おとなしくS3以降でプレイするのが無難。特に足枷になるような展開にもならず、難易度は低い。史実とは違い、織田家と破綻するような事もない。

固有政策は「一領具足」。領民兵が大きく増加するかわりに、常備兵が大きく減少し、石高・商業が上昇しにくくなる。
デメリットは大きいが、手早く兵が集められるので再序盤の速攻に向く。また、収入が安定した中盤以降ならばデメリット以上に大きいメリットがある。民忠及び人口増加量の上がる目安箱などと合わせれば効果は絶大。
この政策の採用を見越して常備兵を増やす兵舎の開発は最小限に抑えたり、領民兵を増やす人口増の施設を建てれば効率的。

  • 最終更新:2020-10-03 10:49:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード