政策(PK)

  • 無印版では政策を実施するためには本城を2つ以上支配することが条件であったが、PKでは本城数に関係なく領内の総人口が1万人以上いれば実施できるように変更された。
  • 無印版と同じ政策でも実施条件や効果が変更されているものがある
  • 実施に要する費用は無印版では固定だったが、PKでは領内の人口によって変動する。ここでは基本値を掲載した。
    • 人口1500万人で費用は10倍以上となる。
  • 大名が特性「創造」を持つ場合は創造性に関係なく全ての政策を実施可能。(独自政策を除く)
  • 独自政策はシナリオ開始時に「大名変更」を行った場合でも元の大名家と同様に実行可能。プレイ中に縁組によって別家出身の武将が大名になっても継続して実行可能。


創造系政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
兵農分離 2500 最大常備兵+100%
石高の制限を超えて兵舎が開発できる
最大領民兵-30%
前提「検地・刀狩令」
無印では民忠+20
本気で開発するととんでもない兵力に。
敵城を占領した時に創造性が900を切らないように注意。
+10
900~1000
楽市楽座 1500 金銭収入+50%
南蛮商人が頻繁に訪れるようになる
堺の商人が訪れにくくなる
大抵は使い得。
+10
850~1000
検地・刀狩令 1000 実施月数に応じて次回の収穫が増加
(収穫+(実施月数*3)%)
民忠低下時に一揆が発生しにくくなる
支配下の国人衆最大兵数-30%
兵農分離とセットと考えたい
-5
800~1000
関所撤廃 1000 人口+20/月
取引で商品が安く買えるようになる
金銭収入-20%
痛し痒しであり好みによるが、貯金が出来た時に騎馬・鉄砲を買いまくる時にはかなり効く
+5
750~1000
鉄砲隊強化 1000 鉄砲配備時の攻撃力上昇(常攻+10)
鉄砲未配備時の攻撃力低下(常攻-10)
鉄砲配備が2部隊いても常攻+10。配備有り無し1部隊ずつでも常攻+10。未配備2部隊でも常攻-10。
---
750~1000
南蛮保護 1000 支配下の港からの金銭収入+100%
南蛮商人が頻繁に訪れるようになる
主義が「保守」の武将の忠誠が低下
黒字になるならデメリットはほぼ無視できる
+10
700~1000
能力主義 500 能力が高い武将(四能力の内一つでも60以上)の忠誠+3
命令実行時に経験値を多く獲得(20%?)
能力が低い武将(四能力の全てが60未満)の忠誠-3
ザコ武将は引き抜かれてもいいと言うほど勢力が拡大したら
---
700~1000
小荷駄隊配備 500 兵糧の消費-40%で補給ができる(「補給」時のみ有効で「出陣」時は無効)
設営した要所で戦う時の効果上昇
労力-20%
兵糧補給の効果は「夫役強化」と重複可能。
終盤は労力は余る。大遠征のお供に。
---
700~1000

中道系政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
方面軍組織 500 軍団長の軍略が強化される
直轄軍団の統治範囲が少し縮小される
PKで追加
創造~中道の範囲で実施できる。
余程の事が無い限り大名直轄の方が有利。あまりお勧めしない。
---
450~1000
撰銭令 500 取引で商品が安く買えるようになる
懐柔の効果が上昇
外交収入-20%
買い物前にどうぞ
+5
300~699
指出検地 1000 実施月数に応じて次回の収穫が増加
(収穫+(実施月数*2)%)
最大領民兵+10%
すべての武将の忠誠がやや低下する
 
---
350~650
家臣集住 1500 本城最大常備兵+100%
開発で兵舎が上昇しやすくなる
支城最大常備兵-30%
近畿など本城密集地で強い。
---
450~550
四公六民 1500 開発で商業と石高が上昇しやすくなる
金銭収入-20%
実施月数に応じて次回の収穫が減少
(収穫-(実施月数*2)%)
 
+10
450~550
目安箱 500 人口+10/月
民忠回復量が増加
民忠低下時に一揆が発生しやすくなる
ほぼデメリット無し。予算に余裕ができれば是非。
+10
300~699
旧領安堵 500 捕縛した武将の登用率+50%
密談効果+1
創造の武将の忠誠-1
PKで追加
戦争前にどうぞ。
---
200~699
合従策 500 連合に参加すると、他の参加勢力との信用が自動で増加しやすくなる
連合に参加していない勢力の信用が毎月自動で減少する
PKで追加
中道~保守の範囲で実施できる
これを実施しなくても参加勢力の信頼は+10/月で上昇していくので、それが+12/月になった所で・・・。
---
101~699

保守系政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
灌漑整備 500 実施月数に応じて次回の収穫が増加
(収穫+(実施月数*1)%)
開発で石高が上昇しやすくなる
金銭収入-10%
米は単価が高いので、毎月の収支に余裕が有るなら次の9月にモトは取れる
+5
0~299
騎馬隊強化 1000 軍馬配備時の攻撃力上昇(常攻+10)

軍馬未配備時の攻撃力低下(常攻-10)
複数の部隊が軍馬を配備あるいは未配備の時の効果は鉄砲隊強化の説明と同じ。
---
0~299
合議制 500 支配下の国人衆の最大兵数+50%
懐柔の効果が上昇
主義が創造と中道の武将の忠誠が低下
序盤の小兵力同士の戦争には有効
+5
0~299
御用商人 500 堺の商人が頻繁に来訪するようになる
港収入+50%
外交収入+30%
取引で商品が高くなる
序盤はどうせ馬や鉄砲を購入する資金などないので、黒字になるならやり得。
貯金ができたら廃止してから買い物
---
0~250
寺社保護 1000 民忠回復量が増加
労力+30%
南蛮商人が訪れにくくなる
主義が「創造」の武将の忠誠が低下
デメリットに見合うメリットがある
+10
0~250
所領安堵 1000 全武将の忠誠上昇
人口+20/月
支配拠点が減ると全武将の忠誠低下
方面軍新設で所領を分割したり、援軍要請に応えて落とした城を他家に譲渡することでもデメリットが発生。
その点に注意すればやや高価だが有力。序盤で金銭に余裕が出て来たら。
+10
0~200
寄親・寄子制 1500 支城最大常備兵+60%
本城最大常備兵-50%
支城兵力に頼るなら部隊が多くなるため優秀・多数の家臣団が必要。
兵が増えるか減るかはセーブ&ロードで確認しよう。
---
0~150
兵役強化 2500 領民兵+20%
労力-50%
無印版では民忠-10。PKでは中盤から有力。
-5
0~100

共通政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
遠交近攻策 2000 全国の大名家への外交が可能になる
遠方の大名家への工作効果が上昇する
近隣の大名家への工作効果が低下する
群雄割拠系シナリオでは各地の大名の信用度を20にして、伝馬制と組み合わせると収入up。
---
0~1000
伝馬制 1000 外交収入+50%
工作効果が上昇する
開発で商業が上昇しやすくなる
開発で石高が上昇しにくくなる
遠交近攻策と組み合わせるとよい。
民忠=人口=兵力があがるので、多少の赤字なら実行してしまう。
+5
0~1000
夫役強化 500 労力+50%
兵糧の消費-20%で補給ができる(「補給」時のみ有効で「出陣」時は無効)
最大常備兵-10%
地方大名には必須政策まずはこれを使おう
兵糧補給の効果は「小荷駄隊配備」と重複可能。
序盤の労力不足は劇的に改善される。
---
0~1000
武家直奏 500 朝廷への工作効果が上昇する
大名家への工作効果が少し低下する
PKで追加
朝廷による停戦を活用しやすくなる。
必要な時だけ実行すればいい。
---
0~1000
大名親政 1000 直轄軍団の統治範囲が拡大される
軍団長の軍略が大幅に弱まる
PKで追加
もちろん軍団長委任よりプレイヤーが操作した方が有利
事前予測は困難なので、セーブしてから次月に進み、全軍団を解体して様子を見てみよう。
---
0~1000
軍役衆配備 1500 常備兵が増加する(+20%)
金銭収入が大幅に減少する (-30%)
PKで追加
どの創造性でも実施できるが「兵農分離」と重複できない
そこそこ兵舎を建てているなら大戦争の数ヶ月前に是非。
---
0~899
惣無事令 --- 政策実施でゲームクリア
条件(京都の二条城/伏見城を支配・本城30以上・最大勢力) (*1)
 
---
0~1000

独自政策

※特定の勢力のみが実施できる政策
※独自政策の費用は金500/月(基本値。人口で変動。)。全て創造性に関係なく実行可能だが、前提政策が維持できなくなれば同時にその政策も打ち切られる。

政策 最大
民忠
利点/欠点 備考
竜騎兵配備 --- 騎馬・鉄砲を同時に配備したときに
攻撃力が大きく上昇する(常攻+15)
騎馬・鉄砲を同時に配備していない
ときに攻撃力がやや低下する(常攻-5)
伊達家
武器を揃えるのにもの凄く費用がかかる。
戦争前に制定すればいい。平時は不要。
五箇条の訓令 +5 最大領民兵+10%
人口+10/月
開発で兵舎が上昇しにくくなる(兵舎上昇-30%)
北条家
前提「四公六民」
単体で見れば良いが、前提が微妙。
人掃令 +5 最大常備兵+30%
工作効果が上昇する
支配下の国人衆最大兵数-20%
羽柴家
前提「検地・刀狩令」
兵農分離とセットで。この時期には国人衆の兵数はそれほど気にしなくていい。
甲州法度次第 +10 全ての家臣の忠誠+2
最大領民兵+10%
騎馬配備時の攻撃力上昇(常攻+10)
開発で商業が上昇しにくくなる(商業上昇-15%)
武田家
このゲームで重要な民忠向上は嬉しい。デメリットは薄い。
表裏軍略 --- 工作効果が上昇する
設営した要所で戦うときの効果が上昇
外交収入-50%
真田家
同盟破棄のデメリットを無視して強引に信用を稼げる。使い方次第。
遠征軍支援 --- 部隊の行軍速度が常に低下しなくなる
補給と焼討の腰兵糧獲得効率が上昇
労力-20%
上杉家
(長尾家)。開始時からエンディングまでひたすら戦い続けられる。
今川仮名目録 +10 支城最大常備兵+30%
主義が中道・保守の家臣の忠誠+2
主義が創造の家臣の忠誠-2
今川家
デメリットよりメリットの方が遥かに大きい優良政策。
旗本先手役 --- 本城最大常備兵+50%
主義が中道の家臣の忠誠+3
最大領民兵-10%
徳川家
前提「家臣集住」
前提は善し悪しだが、兵力の向上は凄い。
火器集中運用 --- 設営した要所で戦うときの効果が上昇
鉄砲配備時の攻撃力上昇
取引で商品が高くなる
織田家
前提「鉄砲隊強化」
終盤の大戦争前には制定しておきたい。
王法為本 +5 最大領民兵+10%
鉄砲配備時の攻撃力上昇
主義が創造の家臣の忠誠-3
本願寺家
前提「寺社保護」
忠誠度の低下にだけ気を付ければ大きなデメリットは無い。
遊撃兵配備 --- 鉄砲配備時の攻撃力上昇
最大領民兵+10%
鉄砲未配備時の攻撃力低下
鈴木家
デメリットは薄いが効果も限定的。絶対に鉄砲を絶やさないでいられる経済力がついてから。
傘連判状 +5 最大領民兵+10%
支配下の国人衆の最大兵数+30%
労力-20%
毛利家
労力が余りだしたら民忠目当てで。
一領具足 --- 最大領民兵+50%
最大常備兵-80%
開発で石高・商業が上昇しにくくなる(石高・商業上昇-20%)
長宗我部家
人口が多いと有力だが、活用しようとすると特殊な内政が要求される。
切支丹保護 +5 人口増加+10/月
主義が創造の家臣の忠誠+3
主義が保守の武将の忠誠-3
大友家
前提「南蛮保護」
保守の雑魚武将は引き抜かれてもいい、と割り切れば有力な政策。
郷中教育 --- 騎馬・鉄砲配備時の攻撃力上昇
命令実行時に経験値を多く獲得
開発で石高・商業が上昇しにくくなる(石高・商業上昇-10%)
島津家(S6では島津宗家)
戦争前にどうぞ。常時制定しておく必要はない。
ちなみに経験値上昇は能力主義と併用可で、能力主義より強力なようだ。
九箇条掟書 --- 実施月数に応じて収穫が増加する
領民兵が増加する
命令実行時の獲得経験値が減少する
PKで追加
石田家
獲得経験値は、気にする人は気にするが気にしない人は気にしないもの。好みで。
理世安民 +5 民忠が回復しやすくなる
懐柔と朝廷への工作効果が上昇する
民忠低下時に一揆が発生しやすくなる
PKで追加
三好家、十河家、細川(晴元)家
三好家戦国伝「義興の死」によって大名が松永久秀になった場合は継続して実行可能(初めから大名が松永久秀のシナリオの場合は実行不可)
事実上デメリットは無い。余裕があれば民忠目当てで。
佐竹流砲術 --- 鉄砲を配備すると攻撃力が上昇する
常備兵が増加する
動員できる労力が減少する
PKで追加
佐竹家
労力が余り始めれば、戦争前には有力。
内治外謀 +5 開発速度が上昇し港の収入が増加する
密談の効果が上昇する
補給で消費する兵糧が少し増加する
PKで追加
最上家
民忠目的で。戦争前に切るか切らないかは悩み所。
大名専政 -10 常備兵+40%
全武将の忠誠+2
直轄軍団の統治範囲が拡大される
拠点数が減ると全武将の忠誠-3
民忠低下時に一揆が発生しやすくなる
PKで追加
龍造寺家
各種施設や自然向上で民忠をフォローできるなら・・・。

コメント

  • 「政策:夫役強化の効果値調べ」 出撃部隊を拠点に待機させて補給率を確認する。 --- 名無し松 (2016/02/15 11:43:42)
    • 夫役強化の効果値が本当かどうか気になって調べてみたんだけど、そもそも兵糧の補給時って100%補給じゃなくて96%って出てビックリした。拠点待機だからなのかな? --- 名無し松 (2016/02/15 11:47:54)
    • 通常消費率=96% 夫役強化時の消費率=72% 96:72=100:75 削減率=25% --- 名無し松 (2016/02/15 11:45:41)
    • 初期兵糧=8000 出撃人数=2000 残り兵糧=6000 1ヶ月後=5640(政策あり) 1ヶ月後=5520(政策なし) 1ヶ月あたりの消費量=360(あり) 1ヶ月あたりの消費量=480(なし) --- 名無し松 (2016/02/15 11:44:48)
  • 拠点に待機させずに出撃させてみたらちゃんと1ヶ月で米500が消費されました。夫役強化実行時は400だったので、夫役強化の効果は20%削減の可能性があります。でも、夫役強化実行+拠点待機時に、米の消費量が380じゃなくて400なのがわからない… --- 名無し松 (2016/02/15 13:29:14)
    • 夫役強化+拠点待機の消費400は間違えで、360でした。360になる理由がよく分からないので、どなたか分かる方がいましたらお願いします。 --- 名無し松 (2016/02/15 13:32:36)
      • 拠点上に部隊がいると1日ごとに部隊兵数/120だけ兵糧補給されますが、消費兵糧数は小数点以下切り捨てのため、計算より兵糧消費量が少なくなります。 --- (2018/11/11 16:59:22)
      • 毎日12消費はわかるんですけど、それがどうしてなのか…。データでの解析は絶望的なんですね…。 --- 名無し松 (2016/02/16 19:01:02)
      • 検証解析はともかく、データでの解析はすでに職人がいないからわからんな --- (2016/02/16 10:10:22)
      • 1か月=30日なので、毎日12消費しているということなのでは? --- (2016/02/15 14:53:52)
  • 小荷駄隊配備も検証してみました。小荷駄の削減率は40%で、夫役強化と合わせた場合は60%削減となりました。もしかして、アップデート等で30-30から20-40に変わったのかもしれません。参考にしてください。 --- 名無し松 (2016/02/16 19:03:32)
    • データ上はそうなってますね。また、家臣集住も-50%ではなく-30%のようです。 --- (2016/03/22 22:54:20)
      • 自分でも確認できたので、上記3つの内容を反映させました。 --- (2018/11/11 16:56:25)
  • 大名専制は説明文にありませんが、全家臣の忠誠が2上昇する効果もあるようです。 --- (2020/06/21 11:12:11)
  • 備考が主観的過ぎません?主観的ならまだしも個人的な好みが入り過ぎてる気がします。 --- (2020/09/15 19:45:29)
    • オマエガカケヤ --- 山田哲人 (2020/09/16 00:57:50)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2020-08-11 06:42:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード